8 ENTRY

本屋さんに行く喜びはなんでしょうか?

お目当ての本を買いに行くことだけでしょうか?

私はそうではないと考えます。いや、そうではないと思いたいだけかもしれません。あくまで私の場合ではありますが、本を買う場合、できるだけ大きな書店に行きます。そして急いで本を買うことをできるかぎり避けます。むしろ時間をたっぷりとれるときに書店を訪れ、目的の本以外の書籍や雑誌を当てどなく眺めます。そして、「これはちょっと興味があるなあ」と思うものを気の向くまま手に取りパラパラとめくります。そして、本当に面白そうだと思えば購入します。そのため、大抵の場合、書店を訪れるとお目当ての本以外の書籍を家に連れ帰っていることになります。

もっとも、こうした探し方ができるのは小説や雑誌などを大型書店で探す場合だけです。昨今の書店では、雑誌にもフィルムが掛けられていて中を見ることができなくなっているケースが多く見受けられます。特にコミックについては顕著です。大抵の書店、もちろん、大型書店もしっかりフィルムを掛けて中を見ることができません。

確かに長時間店に居座って立ち読みをするのは歓迎されるものではありません。しかしながら、中身を確認できないのでは面白いかどうかの判断すらつきません。

しかし、こうした不満にしっかり応えるお店が日本橋にあります。それが「わんだ〜らんど なんば店」です。

路地裏の「わ」と描かれた看板が目印

わんだ〜らんど なんば店は、ちょっとわかりづらい場所にあります。本当はなんばCITYから見た場合、もっと近い行き方もありますが、あえてわかりやすい行き方をご紹介します。まず、なんばCITYからなんさん通りを東に進み、オタロードの入口まで行きます。そして、オタロードを南下。左手にソフマップが見えるところまで進みます。そして、ソフマップを背にすると目に入る細い路地に入り、すぐ右手にお店が現れます。緑色に黄色の文字で「わ」と描かれた看板が目印になります。

 

店内は、入った瞬間から「いいお店」とわかる作り

お店にはいるとすぐに良いお店だ、というのが伺えます。

店内はきちんと整理整頓されていて、しっかりと平積みのコミックが並んでいます。その平積みには、店員さんが自ら書いて備え付けたと思われるポップが多数置かれています。それを読んでみると、こんな人におすすめ!だったり、ネタバレしない程度にあらすじをまとめていたり、細かい部分にまで配慮がなされています。加えて、特製のしおりだったりクリアファイルだったり、特典がついたコミックについては、そのことを示すポップが設置されています。

一方、書棚の上に目をやると、棚に配置されたコミックがどのコミック誌のものかを示すポップが飾られています。要は、わんだ〜らんどさんは、コミック誌ごとに配架する方式を採用しているのです。わかりやすいことこの上なし、です。

 

平積みのコミックは様々。まんべんなくおすすめされる

平積みのコミックを見てみると、ディープな描写で読めばどんよりした気分になる「なるたる」だったり、無限の住人の作者で知られる高橋ツトムの「ノイン」という硬派なコミックもあります。一方、お色気ギャグ漫画の「なんでここに先生が!?」もあります。ライトノベルもさまざまなジャンルのものが並んでいます。ジャンルは多種多様。最初にまとめたように、お目当てのコミックを探しつつ、ちょっと気になるコミックもしっかりみつけられる。場合によっては、自分の好みとはまったく違うジャンルのコミックに出会うかもしれません。そうしたワクワク感が潜んでいるわけです。

しかも、わんだ〜らんどは、うれしいことに中身を確認することができます。言い換えれば、立ち読みが可能だということです。

もちろん、長時間の立ち読みはマナー上いかがなものかと思われる部分があることはすでに書きました。しかし、中身も見ずにコミックを買うのはギャンブルだと思われます。そうしたときに、中身を少し読んで、絵柄が自分の趣味に合うのか、ストーリーはおもしろそうかと中身をちょっとチェックできることは非常にうれしいところ。

わんだ〜らんど の場合、いたるところに見本誌が置かれていたり、複数巻にわたる場合は第1感だけフィルムがまかれていなかったり、と中身を確認できるような配慮がなされています。パラパラとめくり、「これは面白そうだなあ」と追加購入コミックが増えていくので注意が必要かもしれません。

 

店内はやや狭め?頻繁に訪れることをおすすめします

もっとも、わんだ〜らんど なんば店は、アニメイトやとらのあなと比べれば、店舗の面積は狭いと言えます。この作家のこの作品が欲しい、と思ってお店を訪れると案外置いていないケースもあります。

マンガを丁寧に陳列し、ポップにもこだわるなど、気の利いた店内にすることを考えれば現状の店舗サイズがベストバランスなのかなあと思います。これ以上広くなって、わんだ〜らんどらしさが無くなるのなら、現状維持を続けて欲しい。そう思わせてくれる、マンガへの愛を感じます。

店内に陳列されたコミック類は定期的にイチオシ商品やラインナップが変わるため、折に触れて訪れて、おもしろそうなコミックを発掘するのが楽しい使い方ではないかと思われます。

 

店舗情報

 

わんだ〜らんど なんば店

住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-1-7

営業時間:11時〜20時30分

電話:06-6636-3313