8 ENTRY

日本橋にはいわゆる「サブカルチャー」関連のお店がたくさんあります。しかし、サブカルチャーと一口に言っても、ジャンルや深さでさまざまな区別ができるのではないでしょうか。

日本橋のサブカルチャー関連ショップをジャンルで分類した場合、例えば、「コミックやアニメ関連」、「おもちゃやフィギア関連」、「ミリタリー関連」、「アイドル関連」というようなものが挙げられると思います。そして、そのそれぞれに商品ジャンルごとにお店が存在します。

具体例で言えば、「アニメ関連の書籍を扱う店舗」や「アニメ関連のキャラクターグッズを扱う店舗」と言ったように。

今回取り上げたいと考えているのは、相当ニッチなジャンルであり、さらに言えばマニアックな商品を扱う店舗です。

同人関連のタペストリー専門店

その店舗というのが「こみっく軸中心派」というものです。

この店舗は、同人誌の世界で活躍するイラストレーターに原画作成を依頼し、その絵を元にタペストリーを制作して販売しています。

先に述べたジャンルで言えば、「同人誌」はコミックやアニメ関連の中でも亜種と言える位置付けになります。加えて、タペストリーはグッズの中でもなかなか扱いの少ないものと言えます。

つまり、超ニッチな専門店というわけです。

 

絵師なる存在と、タペストリーの関係

さて、そもそも同人誌で活躍するイラストレーターが手がけた原画を元にしたタペストリーというものはニーズがあるのでしょうか?

この点、ニーズは確かに存在すると言えます。そもそも同人誌で活躍するイラストレーターさんには、かなりのファンがいらっしゃる方が多数います。こうしたファンの多いイラストレーターを「絵師さん(えしさん)」と呼ぶ場合があります。

実際、著名な絵師さんの場合、同人誌の展示即売会であるコミックマーケットではグッズや同人誌が完売になるケースもあります。さらに言えば、絵師さんの中で特に人気のある人の作品を集めた展覧会などが開催されたりもしています。こうなってくるとプロとアマチュアの垣根がわからなくなるほどです。ちょっとジャンルは異なりますが、インディーズで人気のロックバンドのようなイメージです。

ファン層は、絵師さんのクオリティの高いイラストを好み、当然質の良いプリントがなされたタペストリーなどはニーズが出てくるわけです。

 

若干わかりづらい店舗だが、絵師さんのイラストが目印

 

そんな「こみっく軸中心派」への行き方は、まず堺筋沿いの日本橋3丁目交差点を目指します。そこから堺筋の西側歩道を南下。ガンプラを扱うスーパーキッズランドキャラクター館とマクドナルドに挟まれたところに店舗があります。間口が狭いため若干わかりづらさがありますが、絵師さんの可愛らしいイラストがところ狭しと飾られているお店なので、見落とすことはないと思われます。

 

3階構成の店舗。1〜2階はタペストリーの海

店内に入ると、さまざまなサイズ、色合いのタペストリーが置かれています。それこそ壁が見えないくらいに。いや、壁だけではなく天井から吊り下げられているものもあります。

店内1階は特にジャンルで分けられているという雰囲気はありません。むしろ絵師さんごとにさまざまなイラストのタペストリーが陳列されているという印象です。取り扱っている絵師さんで言えば、「てぃんくる」、「カントク」、「珈琲貴族」、あるいは「Tony」(表記は全て敬称略)など幅広い。サイズにもよりますが、お値段は1万円あればお釣りがくるような設定です。

2階は、若干商品のラインナップが変わります。例えば、絵師さんのイラストが印刷されたラバーマット。あるいはLEDが組み込まれていて、イラストがライトアップされるアクリルケースに収められたオブジェなど。かなり手の込んだ商品が置かれています。ただし、こうした商品はやはりお値段が高めです。1万円では足りないものも結構あります。

 

頻繁に開催されるイベントはおすすめ

絵師さんのコアなファンには「リトグラフ」の販売も行われているのでおすすめです。リトグラフとは、原画を元に精緻に色を再現した「版画」です。このお店で販売されるリトグラフは、版画だけではなく、酸化防止のシートが組み込まれているなど作品の品質を守るような作りになっており、末長くイラストの肝である色味の美しさがキープできるという特徴があります。ただ、それゆえに高価です。サイズにもよりますが、30万円程度はするのが一般的です。リトグラフは一定期間のサイクルで作家が変わるようになっているので、お気に入りの絵師さんがいれば、次はいつ販売かをたずねてみるのもいいのではないでしょうか。

一方、実際の絵師さんとの交流も重視されています。頻繁にサイン会なども実施されていて、ファンが絵師さんに触れ合えるケースが設けられています。

もし気になる絵師さんがいて、人とはちょっと違ったグッズが欲しいなら一度は訪れてみる価値はあると言えます。

 

店舗情報

 

こみっく軸中心派

住所:大阪市浪速区日本橋4-10-2 サワダビル アールジュネス日本橋内

電話:06-6684-9611

営業時間:11時〜20時

定休日:火曜、水曜