16 ENTRY

菓子パンと言うと何を思い浮かべるでしょうか?クリームパン、アンパン、ジャムパンなどがあります。そして、忘れてはいけない存在としてメロンパンがあります。

とはいっても、最近のパン屋さんで見かけるメロンパンはなかなか趣向を凝らしたものが多いです。素材にこだわっていたり、クリームたっぷりのクリームメロンパンだったり。場合によっては、あの「カリカリ」のクッキー生地がついていないものだってあったりします。

私はと言えば、メロンパンと言うとステレオタイプ的に思い浮かべるのが、やはりカリカリのクッキー生地がついたものです。パン生地部分だけではなく、カリカリ部分の香ばしさ。そしてザラメの甘さがあってこそのメロンパンだと思ってしまいます(こう書いていると、「この人絶対いい年齢のおっちゃんやなあ」と思われそうですが、実際にそうです)。

メロンパンと言えば、クッキー生地のカリカリ度合い。そして中のパン生地のふんわり具合。このバランスこそが命です。そこに、ほどよく香るメロンの風味。おともに飲むのは牛乳。これが最強のおやつだ!とさえ思えます。

こんな「オーソドックスなメロンパン」を求める人に立ち寄ってほしいお店が日本橋にあります。それが、「パーネ・パーネ」です。

こじんまりとしたお店。見逃さないようににおいを嗅ぎながら行くべし

場所はとてもわかりやすいです。千日前通りと堺筋が交わる日本橋1丁目交差点。そこから堺筋の西側サイドの歩道を南下します。そして日本橋2丁目交差点にくれば、通り沿いに面したビルの一階にお店があります。

もっとも、お店の間口は狭く、人通りも多いため見逃さないでほしいところです。手掛かりはパンの香ばしい香りです。是非、匂いを辿っていってください。

お店の入り口にはショーケースがあり、そこにメロンパンがずらりと並んでいます。

そう。パーネ・パーネはパン屋さんではなく、「メロンパン屋さん」なのです。パン屋における選択と集中、ここに極まれりです。

ショーケースをみると、「カリカリメロンパン(税込130円)」「イチゴメロンパン(税込140円)」「チョコメロンパン(税込170円)」など、すべてメロンパンです。「えーっと。チョコとメロンでチョコメロンなのはわかるが、それはチョコパンなのか?メロンパンなのか?」という突っ込みがどこからか聞こえてきそうですが、あえて言いましょう。メロンパンです。

外側がカリカリのクッキー生地で、ザラメ感があり、中がふんわりもっちりならばメロンパン。そう思っていただければ幸いかと思います。

訪問した日は、定番のカリカリメロンパン、イチゴメロンパン、チョコメロンパンの3種類。そしてメロンパンで作ったラスク(税込200円)を購入しました。

 

メロンパンに生クリームのオプションも可能です

 

持ち帰りとは別にその場で食べるためにカリカリメロンパンをひとつ購入です。このお店、持ち帰りも含めてすべてのメロンパンに生クリームのトッピングができます。しかも70円と良心的なお値段です。

もっとも、購入した時は「生クリームまでトッピングしたらパンチが効きすぎていてお腹いっぱいになりそうだ」と考えて、そのままを選択しました。ちなみに、後日生クリームトッピングタイプを購入したところ、クリームは濃厚タイプ。一瞬、バタークリーム?と思うほどの甘さです。そのため、人によっては生クリームの味が強すぎてダメと感じてしまう場合がありそうです。そんな場合は、オーソドックスなタイプを選んでほしいと思います。

では、本丸のメロンパンのお味はどうか?紙袋から取り出し、パクつくとボロボロとクッキー生地がこぼれおちます。それほどのカリカリ度合い。メロンパンの外側好きにはたまりません。中のパン生地部分は、しっかりと柔らかく、適度にもっちり。カリカリの部分に負けず劣らず仕事をします。内外のバランスはばっちりです。そこにたたみかけるようにメロンの程よい香りが鼻を抜けます。ザラメの甘さと相まって、満足感はとても高い仕上がりです。コンビニで売っている、中がシナッとしてしまっているメロンパンとはわけが違います。メロンパン一本で勝負しているだけのことはあるなという感じです。

ちなみに、自宅に戻った後で、チョコメロンパンやイチゴメロンパンを食べましたが、どちらもチョコやイチゴが主張しすぎないところに好感が持てました。あくまで、「基本はメロンパンなんだ」というバランスの上に成り立っている味です。なかなかやってくれます。

 

意外な伏兵。それはラスク。カリカリ好きにはおすすめ

 

意外なる伏兵はラスクでした。200円という価格ながら、チョコ、イチゴ、ふつうタイプなど複数のメロンパンを薄切りにしたものをラスクに仕立てています。どれもカリッカリに仕上がっているため、「メロンの外側だけ食べたい」という人にはうってつけの商品です。

また、ラスクにしているため若干バター風味が強く、大人向けの味になっているのもうれしいところ。

友人の家に遊びに行く。職場のみんなにちょっとしたおやつを買って帰りたい。そんなときに立ち寄ってメロンパンやラスクを買うというときに使いたいお店です。

 

パーネ・パーネ

住所:大阪市中央区日本橋2-5-1

電話:06-6647-4202

営業時間:10時~19時

定休日:水曜日