16 ENTRY

最初に謝らなければなりません。今回取り上げたいと考えているお店は、厳密に言えば日本橋にはありません。というのも、なんばパークスにあるお店だからです。

次にもう一点謝らなければなりません。それは、いわゆるおしゃれなカフェだからです。常日頃、できれば人があまり訪れないようなお店に行き、その魅力を伝えたいと考えています。そんな視点でまとめるべきなのに、「日本橋からちょっと外れた場所にある、シャレオツなカフェ?」となれば「おいおい」という突っ込みが聞こえてきそうです。

しかし、いろいろとカフェを訪れてみて至った結論。「このお店にはスキがない」「このお店は一切手を抜かない」ということに。そのため、許しを請いつつご紹介することにします。

なんばパークス3階にある、ホームメイドなコーヒー店

今回ご紹介するのは、エルマーズグリーンカフェです。場所は、なんば駅から直結する「なんばパークス」という複合商業施設の3階にあります。

日本橋とは目と鼻の先。なんばCITYをくぐればすぐにたどり着けます。

このエルマーズグリーンカフェは、北浜や淀屋橋、堺市などに店舗を構えています。昨今コーヒー激戦区となった感のある北浜でも人気店となり、なんばパークスへと進出したという経緯があります。

 

もちろん、コーヒーが秀逸。とくにアイスコーヒーは飲んでほしい

 

やはり楽しんで欲しいのはコーヒーです。お店が独自に選定した豆をブレンドし、焙煎したものを提供しています。特に「これは」と思ったのが、アイスコーヒーです。アイスコーヒーはもちろん冷やして楽しみます。ただ、コーヒーに限らず飲み物にとって「冷やす」という行為はなかなかに曲者です。

というのも、冷やすことで「甘み」が感じづらくなるというのが人間の舌の特徴だからです。また、香りも立ちづらくなります。説明するまでもなく、香りはコーヒーの生命線です。また、コーヒーにとって甘みは苦みとともに、アクセントになる重要な要素。冷やしてもこうした要素が感じられるように、バランスを取らなければなりません。

その点、エルマーズのアイスコーヒーは、冷やしてもしっかり香りが立っています。ちょっとナッツのような匂いがするのが特徴かなあという印象です。一方、味についてはコク重視。といっても、苦みが立っているというよりは、丸い苦みの中にコクと甘みが内包されていて、ちびちび飲み続けられるという特性があるように感じます。一言でいえば、飽きない。飲み続けられるコーヒーです。

 

コーヒーだけじゃない。サイドメニューまでしっかりしている。

 

私がこのお店を是が非でも紹介したかった理由の一つに、「サイドメニュー何食べても間違いがない」という優れた点があったためです。

特におすすめなのがサンドイッチです。中でも、チェダーチーズとブルーチーズ、そしてリンゴを使ったホットサンドが秀逸です。トーストされているパンはカリッと仕上がり、そこに2種類のチーズが醸し出すコントラスト。鼻を抜けるブルーチーズの特徴ある香りがすばらしい。リンゴは意外性のある取り合わせですが、これが役者です。「甘い」という味の部分よりも、「サックリした食感」を担う存在と言えます。おそらく、ふじや紅玉のような、甘みよりもさわやかさを重視した品種が選ばれているのだろうと思いますが、その選択が「バランスとして正しい」と思わされます。あくまでリンゴはアクセント。メインは香ばしいチーズとパンなのだと。

付け合わせのサラダも気が利いていて、カブなどが入っており、普段家では食べないなあと思える野菜で構成されています。だからこそ「意外性のある楽しさ」を味わえるというものです。

ただ、注意点としてはこうしたサンドイッチはけっこう季節によってメニュー変更がなされます。そのため、お気に入りのサイドメニューを見つけてもそれが定番になるかというとそうでもないというところです。

もっとも、先ほど書いたように何を食べても間違いないので、気になったものを頼む、というのがよい選択なのではないでしょうか?

さらに言えば、こちらのお店のチーズケーキは必食です。繰り返し言います。必食です。いわゆるベイクドチーズケーキになるのですが、「ふんわり」ベイクドで、絶妙な濃厚さです。決してくどくなく、コーヒーのお供には最適と言えます。私の場合、迷ったらサンドイッチかチーズケーキと決めているところすらあります。

 

おすすめの注文方法は?

さて、何を食べてもおいしいエルマーズグリーンカフェ。おすすめの注文方法としては、「サンドイッチ+ソフトクリーム+ドリンク」というセット形式です。サンドイッチの値段に600円をプラスするとこのセット形式ができあがります。

ソフトクリームは単品で500円前後。コーヒーも同等のお値段なので、値打ちがあります。

トータルで1500円~1600円のお値段になりますが、メインとドリンク、それにデザートもつくわけですから決して高くはありません。

加えて言えば、ソフトクリームも侮れない存在です。濃厚系ではなく、あっさり系なので、食後にぺロリと食べられます。また、普通のソフトクリームかティラミス風にアレンジされたソフトクリームかなども選べるところが心憎い配慮。こうした「迷う楽しみ」の部分まで提供するというのですから、手抜かりがありません。

日本橋界隈で間違いないカフェに行きたいと考えれば、選択肢として筆頭格にあると考えます。是非、お試しあれ。

 

エルマーズグリーンカフェ インザパーク

住所:大阪市浪速区難波中2-10-70(なんばパークス3階)

電話:06-6567-9281

営業時間:11時~21時

定休日:施設定休日に準じる(ほぼ無休)