16 ENTRY

日本橋の顔と言えば、オタロードを筆頭格にしたサブカルチャーの街という顔があります。

もう一方の顔としては、「黒門市場」を持ち、大阪市民にとっての台所というものがあります。こちらも忘れてはいけません。

黒門市場の最近

最近では黒門市場の様相が変わってきています。その理由は海外、特にアジア圏からの観光客が急増したことが挙げられます。

以前であれば、元気のいい関西弁が飛び交い、「これなんぼになるん?」「値段は引かれへんわ。そのかわりもうちょい量増やせるで」といったやり取りがそこかしこでありました。今はと言えば、お店の人が頑張って片言の英語でアジアの人に物を売っているシーンが目につきます。

市場内の風情も随分変わりました。例えば、以前は単純に魚を売るだけだった魚屋さんが、その場で魚を丼仕立てたり、刺し身を店先で食べられるように長机と椅子を置いていたりします。しかも、結構な金額です。

安くて良いものが買える店、というのは減ってきているのかもしれません。

実際、黒門市場では客単価が向上していると言います。裏を返せば、高くても売れるようになったわけですから、「安うてうまいもん」を探しに来る昔ながらの大阪人は弾き出されているという悲しい実情があります。

もっとも、すべてのお店がそうだというわけではありません。相変わらず「安てうまいもん」を売っているお店もあります。

ただ、様相の変わった黒門市場を歩くのはかなり体力をつかいます。そんなときに、気軽に入れる喫茶店。できれば、外国人観光客の少ないところ、というのはありがたいものではないでしょうか。あくまで個人的な意見ですが、アジアの方は言語の特性上、かなりパワフルなしゃべり方をする人が多いように思います。人混みにもまれ、買い物をこなした後、入った喫茶店で外国の方のパワフルトークにまみれたら、さらに疲れてしまいそうな気がするのです。

 

黒門市場のすぐ脇にある便利な立地

今回ご紹介するのは「カサブランカクラブ 日本橋黒門市場店」です。場所はと言えば、南北に走る黒門市場のちょうど真ん中あたり。マグロの刺し身を売る「黒銀」の道を隔てた向かい側に位置します。

ガラス張りの店舗。そのガラスの上に大きくオレンジ色の看板が設置されています。ガラス越しに、のんびりと談笑する人たちが目に入るはずですから、わかりやすいと思われます。

訪れた日は、扉を開けて中に入ると、店内はしっかりキンキンに冷えています。まだ残暑の残る9月初旬。この温度設定は嬉しい限りです。店内には先客が数組、思い思いの席に腰掛け談笑していました。パッと見て「大阪のおばちゃんやな〜」という人が、おそらく子どもが通う学校についての不満を向かいにいるママ友(いや、オカン友?)に発しています。その一方で、カップルと思われる若い男女が、黒門市場で行きたいお店をスマートフォンで調べいるようです。

この、のんびりした雑多な感じが「ああ、喫茶店に来たなあ」と思わせてくれます。

 

いつパンを焼いたの?と思うくらいスピーディに給仕されるメニュー

 

私は、ちょっと人混みに疲れたこともあり、アイスコーヒー(税込み400円)とシナモントースト(税込み370円)を注文しました。疲れたときには糖分補給です。

オーダーを取りにきた女性店員さんは実にてきぱきとしており、声はやわらか。喫茶店の店員さんはこうあるべき、という手本のような応対です。そんな応対に感心していたら、すぐさまシナモントーストとアイスコーヒーが到着しました。「いつパンを焼いたの?ひょっとしてテレパシーで頼むものを予知して、先に焼いていた?」というほどスピーディです。

はっきり言いましょう。味は「ごくごく普通」です。アイスコーヒーは、若干酸味のあるコク重視の味。特筆すべき内容はありません。シナモントーストだって、焼いたトーストに、シナモンとプラスチックのケースに入ったシロップが添えられているだけです。

ただ、いずれもちょっとうれしいことがあります。まずアイスコーヒーは、かき混ぜなくてもやたら冷えてます。シナモントーストは、シナモンが多量。加えて付け合せのホイップも割りと大盤振る舞いです。無論、トーストはしっかり厚切りです。こうしたちょっとしたうれしさがあると、休憩時に利用する喫茶店はグーンと評価が高まるというものです。

味は普通なものの、のんびり出来る雰囲気もあり店員さんの感じもよく、黒門市場の休憩所としては間違いなく合格点です。

 

喫煙はフリーダム。朝も極めて早くから営業

こちらのお店は、喫煙については全席可能。実際、並んでいたテーブルの全てに灰皿が設置されていました。最近では、タバコが吸えるスペースが制限されるお店が一般化しつつあります。なかには全席禁煙とする喫茶店すらあります。時流を考えれば、喫煙者の方にとってはうれしいのではないでしょうか。

また、こちらのお店は市場のすぐ近くにお店があるためか、朝は6時半から営業するというのも特筆すべきポイントです。当然、モーニングもやっています。営業時間の面でも使い勝手がよいのではないでしょうか。

 

カサブランカクラブ 日本橋黒門市場店

住所:大阪市中央区日本橋2-3-8

営業時間:6時30分〜21時

定休日:無休

電話:06-6635-3431