22 ENTRY

日本橋界隈をうろうろと散策して、「さあご飯でも食べようかなあ」と考えたときに、おそらく多くの人が気づくだろう問題点があります。

それは、お肉、ラーメンなどのお店はたくさんあるけれども、「魚を提供するお店」が少ないということです。最近では、オタロード周辺に「1ポンドのステーキハンバーグ タケル」の系列店舗ができ、それに引きづられるように牛かつのお店などもできたこともあって「肉中心」の傾向は強まっていると言えるのではないでしょうか。確かに、居酒屋などはありますが、「サクッと魚を食べたい」というニーズには応えてくれません。こうした傾向に反旗を翻す存在をご紹介します。それが「本気鮪」というお店です。

オタロードに面したお店

ドトールコーヒーとソフマップがある、いわゆる「オタロードの入り口」から南に進みます。人ごみを掻き分けるように左を見ながら進むと、パッと青色の看板が目に入ります。お店の前には「出店」のように商品を売っているスペースもあるためわかりやすいはずです。外の冷たい空気をお店に入れないための、ビニール製のカーテンがあり、半オープンといった様相の店舗になっています。

余談ですが、オタロード沿いの飲食店は、界隈の人が買い食いをするために店先にテイクアウトユースの窓口を設ける店舗が多いといえます。「本気鮪」もそのひとつです。

買い食いにも対応するお店

 

基本的に「本気鮪」は店内で食べるどんぶりものがメインのため、出店形式で売っているものはおまけ程度に考えておいたほうがよいと思います。実際に「まぐろから揚げ」(500円)などを購入して食べてみたのですが、「このお金を出すならば、店内でしっかりどんぶりものを食べたほうが賢い」というのが正直な感想です。もっとも、まぐろの質は後で詳しくまとめますがすばらしいものがあるため、時間がないとき、あるいはキャラ焼きなどは甘すぎると考えたときには「あぶりまぐろステーキ串」(500円)などにかぶり付くのはひとつの選択としてはアリなのではないかと思われます。

 

まるで夜店のような店内

さてさて、話がわき道にそれましたが「本丸」のマグロ丼を攻め落とすべく、店内に入ります。

店内はパッと見て3坪ほどのこじんまりとしたスペース。お店の両サイド壁際にカウンターがあるだけとなっています。入れて6~8人程度といったところです。

席に腰掛けて壁を見上げるとメニューの写真とさまざまな有名人の色紙が飾られています。「なるほど、けっこう有名な人が来てるんやなあ。でも、こういう色紙を飾るお店って結局おいしくなかったりするんだよなあ」と若干不安な気持ちがよぎります。

メニューを見ると「本マグロ丼」(1200円)「全部のせ丼」(1500円)「炙りネギトロ丼」(900円)「炙りマグロステーキ丼」(700円)「ネギトロ丼」(800円)といったものがメインメニューとして並びます。

どんぶりで1000円超えというのはなかなかに強気な値段設定ですが、本マグロならば致し方ないところかもしれません。今回は色々な味を楽しみつつ、お店の力量を見極めようと、思い切って「全部のせ丼」をオーダーすることにしました。

 

惜しいところは多々あります。接客態度などなど

オーダーを伝えたときにお茶が出されました。

しかし、ここからかなり「惜しい」部分が見受けられました。

まずはじめに、お茶をすすると湯のみの洗浄がしっかりなされていないのか、若干の魚くささが感じられたことです。「狭い店舗で洗い場が充実してないのだろう」とは思いましたが、丼をかき込みながらインターバルでお茶を飲むことを考えると、こうした部分はしっかりして欲しいと感じるところです。

オーダーをしてから10分は経過したでしょうか。店内には私一人しかお客さんがいないはずですが、まだ丼は提供されません。かわりに、女性の店員さんが以前来店したお客さんが忘れていったお金をどうしたものか?という対応について店長とおぼしき人と相談しています。「うーん。そのお話をしている時間があれば、てきぱきと丼を提供すればいいのに」と思ってしまったことが悲しいところです。まだ、お客さんが一人だけなので、この状態でも問題はないとは思われますが、店内がお客さんでいっぱいになったことを想定すると、提供までの時間はかかりそうだということは予備知識として持っておいたほうがよいかと思います。

 

マグロの味は本物でした

 

15分ほどたったでしょうか。ようやく「全部のせ丼」が到着しました。全部のせ丼にはマグロ、炙りステーキ、ネギトロ、炙りネギトロなど、主力ラインナップのすべてが載っています。それにうずらたまごがひとつ。

炙りものには、特製ソースかポン酢を。生のものには醤油(甘口、辛口)のいずれかをとすすめられました。「特製」と名のつくものに弱いステレオタイプの私は、炙りものは特製ソース。生ものには甘口の醤油をチョイスしました。

嬉々として箸でまさぐり、口に運びます。だがしかし、悪い意味で期待を裏切られてしまいました。炙りものが一切温かくないということに。通常、刺身の炙りは、炙った直後がおいしいもの。ここから冷えてしまうと一旦溶けた脂分がうまみとともに流れ出してしまって後はパサパサな身の部分しか残らなくなってしまうためです。残念ながら、本気鮪の炙りは、このパサパサな状態でした。加えて、酢飯が固く、温かみにも欠けてしまっているため「熱々の丼をかき込む」というどんぶりものならではの楽しみができない点も「う~~~ん」とうなってしまうポイントでした。

しかしながら、この残念な点を払拭するかのようにハイレベルだったのが「本マグロ」です。「これはもはや中トロレベルなのでは?」と良い意味で疑いたくなるやわらかさ。そして脂身のコク。マグロ自体の甘みがある逸品でした。一通りネタをつまんだところで、「メニューを選ぶときは、本マグロ丼の一択なんだね」と妙に納得してしまいました。むしろ、ビールを注文して「本マグロ盛り」(900円)を頼んで軽く一杯ひっかけるという注文の仕方が適しているとすら思います。

自らの選択ミスや、接客態度に惜しい部分などはありますが、それを割り引いても、おいしいマグロが食べたくなったときはここに駆け込んでしまうのではないかと思わせるお店でした。次は注文で間違わないぞ、と心に決めて店を後にした次第です。

 

(店舗情報)

本気鮪

住所:大阪市浪速区日本橋3-8-20

電話:不明

営業時間:11時30分~20時

定休日:無休

ホームページ:http://honkimaguro.com/