22 ENTRY

ピザ、と言えばどんなスタイルを思い浮かべるでしょうか?

手頃なもので言えば、宅配ピザ。昨今、さまざまなタイプの宅配ピザがあり、注文するにもどこに頼もうか、というところから悩んでしまいます。

一方、お店に行ってピザを食べようと考えると石窯を備えたナポリスタイルのピザ屋さんが増えています。どちらかと言うと、店舗型の場合「イタリア」を思わせるものが多いと言えるのではないでしょうか。

しかし、ピザは世界各地でさまざまな発展を遂げている料理です。その代表格がアメリカです。今回ご紹介するのは、NYスタイルのピザ店になります。

 

そもそもNYスタイルのピザって?

そもそも、NYスタイルのピザって?と思うかもしれません。実は、アメリカでピザの発祥地とされるのはニューヨークです。そこからアメリカの各地にピザが広まったとされます。

NYスタイルのピザの特徴は、とにかく大きいこと。直径で40センチ近くはあります。そのため、ピザ店で頼むと、1カットをお皿に載せてくれるという感じになります。

生地はやや薄く、端っこはカリカリ。でも中はモチモチという雰囲気。パン・ピザやナポリスタイルとはかなり雰囲気が違います。

また、トッピングで言えばチーズにトマトソースというシンプルな構成が基本とされ、そこにトッピングをして味の雰囲気に変化をつけることになります。アメリカのピザで、特徴的なトッピングと言えば「ペパロニ」というスパイスの効いたピリ辛のサラミが挙げられます。

 

高架下のリトルニューヨーク

お目当てのお店の名前は「TOKEN」。日本語で発音すると「トークン」となります。おそらく、ニューヨークの地下鉄で用いる乗車券としてのコインを意味するトークンに由来するものと思われます(ニューヨークの地下鉄は、どこまで乗っても均一料金。券売機で乗車券として売られている硬貨であるトークンを購入して改札に入れる形式)。

トークンへの行き方は、なんばCITYから南海線沿いに進んでいくと、EKIKANという高架下にさまざまな店舗が集まる施設が現れます。そこにブルックリンロースティングカンパニーと同じスペースに店を構えています。

店舗のある一角だけ、ニューヨークのような雰囲気です。

 

メニューは豊富。サイドメニューもNYスタイル

 

なんば寄りの出入り口から店に入ると、手前にはブルックリンロースティングカンパニーのカウンターがあります。それを横目に見つつ、店の奥へと進みます。するとトークンのカウンターが見えてきます。金属製の幅広いカウンター。そこにバーを思わせるような背の高い椅子が並んでいます。目を横にやると、ピザをオーダーするためのカウンターが別口で設けられています。

その奥には、巨大な金属製のオーブンが鎮座しています。サイズの大きいNYスタイルのピザを焼くには当然オーブンも大きくなるわけです。

ピザのカウンターに進み、オーダーを検討します。日替わりのピザ、ペパロニを使ったピザ、マルゲリータなど豊富に揃っています。1カットで800円前後。「ピザとしては安いなあ。2カットくらい頼もうかな?」と思いましたが、様子見でペパロニを使ったピザを頼みます。そしてドリンクとしてコーラを。

コーラとピザ、これがNYスタイルの定番と言ったところだと思ったからです。

注文を言った後に、サイドメニューを見ていると、ミートボール、チップス、フライドチキン、クラムチャウダーなど、どこまでいってもニューヨークスタイルのラインナップです。

 

デカイ。デカイ。デカイピザ

 

注文を終えて、カウンターの前にあった席に腰掛けてピザが焼きあがるのを待ちます。訪問したのは11時前。このタイミングは、ラッキーでした。

というのも、お昼を目指して、さまざまなピザが焼きあがってくるからです。そしてホールのピザが切り分けられ、ショーケースに並びます。要はこのお店のピザは「作りおき」なのです。したがって、作りたてにありつくにはタイミングが重要なわけです。そして、開店直後からお昼前というのが絶好のチャンスというわけです。

カウンターの奥で女性スタッフさんがテキパキとピザを焼き上げ、カットし、ショーケースに並べていきます。チーズとトマトのいい香りが広がってきます。「お待たせしました」と告げられ、トレイに載せられたピザとコーラが手渡されます。

「でかい!」と思わずピザを二度見してしまいました。紙皿の上に置かれたピザは完全に皿からはみ出しています。ちょっと傾けると皿からこぼれ落ちてしまいそうな雰囲気です。落とさないように席に運びます。

安いと思って2カット頼もうものなら、女性だときっと食べきれないことになります。「よかった。2カット注文しなくて」とホッとしました。このお店は、2〜3人で訪問するときは一人ひとつずつピザを頼んで、みんなでシェアをしたほうがよいと思われます。そのためにプラスチック製のナイフとフォークが店内に用意されています。

 

NYスタイルのテイストに満足

さてさて実食。なんとかピザを持ち上げて頬張ると、カリッとした食感のあとモッチリとした生地感が続きます。トマトソースは甘みよりも爽やかさ、スパイシーさがあります。なによりペパロニのピリ辛が良いアクセントになっています。もっちりモグモグ、もっちりモグモグと食べ進め、ゴクゴクとコーラを飲む。ニューヨークのソーホーあたりにあるダイナーで食べているような気持ちになってきます(現実はサブカルとオタクの街。日本橋の片隅なんですが)。

ちなみに、お店には大きなボトル入りのタバスコ。辛味スパイスなども用意されており、途中で味を変えることもできます。

私は昼に訪問したのでお酒は控えましたが、このお店は様々なビールを揃えており、ピザとあわせて楽しむこともできます。暑い時期、クーラーの効いた店内に逃げ込み、ビールと熱々のピザを楽しむ。そんな楽しみ方もできると思われます。

 

食後に絶品のコーヒーでブレイクも

そして、このお店の美点は食後にブルックリンロースティングカンパニーのコーヒーがすぐに楽しめるということが挙げられます。なんせ徒歩1分程度の距離にコーヒーを頼めるカウンターがあるのですから。

しっかり味のピザを楽しんだ後、ゆっくりと味わい深いコーヒーを堪能する。これってゴールデンコースではないでしょうか?と考えて、アイスコーヒーも楽しんだのは言うまでもありません。

 

TOKEN

住所:大阪市浪速区敷津東1-1-21 なんばEKIKAN

電話:06-6599-9015

営業時間:11時〜23時(土日祝は10時より営業)

定休日:水曜日