22 ENTRY

最近、日本橋には「肉ブーム」が到来しています。というのも大阪市の各繁華街で出店を加速させている「タケル」関連のお店をきっかけに「牛カツ」のお店が出店ラッシュだからです。

また、なんさん通り沿いには、神戸牛を売りにするお店まで出現しました。肉ブームというよりは、牛肉ブームといったところです。これらの店舗はどちらかと言えば海外からの観光客をターゲットにしているような雰囲気があります。そして、日本橋のサブカル関連店舗を訪れた人を当て込んでいる側面もありそうです。

しかし、こうしたお店は「日本橋ではなくても楽しめるじゃないか」と言ってしまえるやや悲しい側面もあります。どうせ日本橋に来るならば、「日本橋ならでは」のお店に行きたいものです。もしくは、日本橋で古くから営業しているお店を訪れたいものです。そこで、今回ご紹介するのは「とんかつ 吉兆」です。

ひっそりと。しっかりと固定客を掴む名店

とんかつ吉兆はひっそりとではありますが、しっかりと固定客を掴む名店です。

いつ行っても常連さんとおぼしき先客が数名いらっしゃるという感覚があります。

さて、そんなとんかつ吉兆への行き方です。なんばCITYからであれば、なんさん通りを東に進み、堺筋との交差点まで行きます。そこが日本橋3丁目交差点です。ここから堺筋を北上します。この際、堺筋の右側、つまり松屋町筋側の歩道を北上します。しばらくすると1階に「立ち寿司」の看板が目に入ってきます。そのビルの2階にお店があります。階段の下にはメニュー兼ショーケースが置かれているので、お店に入る前にじっくり食べるものを選べます。もっとも、こちらのお店かなりメニューが豊富です。どれにしようか正直悩んでしまうことでしょう。

迷ったら「ヒレかつ」が入ったメニューをチョイスすべし

1階のショーケースで見ても、ヒレとんかつ定食(1730円)、ヒレおろしとんかつ定食(1730円)、ロースとんかつ定食(1300円)、牛ヒレステーキ定食(3800円)、エビフライ・ビフカツ盛り合わせ定食(2040円)などなど、さまざまなメニューが写真付きで紹介されています。本当に「ど、どれもうまそうだ〜」と迷いまくること間違い無し。

そんなときは、ぜひともおすすめしたいのが「ヒレかつ」が入ったメニューをチョイスすることです。

私は、こちらのお店に来ると「A定食(エビフライ、牛串焼き、ヒレカツ)」(1180円)か「C定食(エビフライ、クリームコロッケ、ヒレかつ)」(1180円)といった盛り合わせ系を注文します。

というのも、A〜Cのアルファベットが振られた定食は比較的リーズナブルで、そのうえヒレかつが入ったものがあるためです。A定食と心に決めて2階の店舗に進みます。

 

今日も先客がいらっしゃいました

店舗に入ると、カウンターが数席とテーブル席がいくつかだけのこじんまりとした作りです。そこに職人といったオーラのただよう優しげな老紳士2人がかつを揚げ、給仕をしているシーンに出会います。

「いらっしゃいませ。おひとりさんやね。カウンターへどおぞ」とスムーズに席に案内されます。メニューを聞かれる前から「A定食を」と頼みました。「ありがとうございます」とにっこり笑顔でお水を給仕されます。

テーブル席には先客の家族連れがいらっしゃいました。こちらのお客さん。なかなかに賢い頼み方をしています。というのも、父母と子ども2人で、ヒレかつ・ロースとんかつ定食(2360円)というカツ山盛りのメニューをオーダーして、あとは食べ盛りのお子さんが丼物をプラスアルファし、父はビールと白ごはんを追加するという作戦です。要は、カツをみんなでつまもうというやり方。リーズナブルにすむうえに、たっぷり食べられる。なんとも勉強になるオーダーの仕方でした。

 

類まれなる柔らかなヒレカツ

 

そんなこんなで感心していると我がメニューの到着です。やや長い楕円形のお皿に大ぶりなエビフライ、行儀よく串にささった牛焼肉、そしてヒレカツが二枚整列しております。無論、大将から攻めるべし、とヒレカツを口に放り込みます。するとどうでしょう、やわらかい。本当に言葉で言えば「ふんわり」しているのです。しかも、しっかり「甘い」のです。あの豚の脂身の甘みです。ラードで揚げているので輪をかけて甘みが強調されます。

ややもすると、ヒレカツって筋っぽかったり柔らかいけど味が薄い、っていうことがあるものですが、そんなのはヒレかつではありません。本当のヒレかつを食べたかったら吉兆に来るべきなのです。

他のメニューも手抜かりありません。牛串焼きはカツとはまたちがったさっぱりしたタレで付け焼きされています。もちろん柔らかさは言わずもがな。エビフライも衣も身も厚い!言うことありません。本当にごはんが進んでしまいます。

ちょっとうれしいのは、お味噌汁にも一手間加えられていて、この日はきのこのお味噌汁。戦闘力が高めのカツ達と比べるとこちらは癒し系。カツの合間にほっこり和むお味です。

あっと言う間に平らげました。その間わずか10分。我ながらに驚きます。

 

ヒレかつを主軸にしても、さまざまなメニューがあるため再訪時のことを想像するのも楽しいお店です。ぜひ、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

店舗情報

 

とんかつ吉兆

住所:大阪市中央区 日本橋 2-8-16 マッセイ日本橋レヂデンス 2F

電話:06-6634-1882

営業時間:11時〜20時30分

定休日:水曜日