18 ENTRY

醤油にはじまり、とんこつ醤油、油そばなどなど。日本橋はラーメン激戦区です。そんななかにあって、毎日行列の絶えない店があります。それが、「自家製太麺 ドカ盛マッチョ 難波千日前店」です。このお店、いわゆる「二郎インスパイア系」に区分されるお店。食べたときのラーメンの破壊力は凄まじいものがあります。そのため、行く人は「空前絶後の空腹である人」もしくは「何か修行めいた体験がしたい人」あるいは「本場の二郎は食べにいけないが、せめてその味をと二郎に恋焦がれた関西人」のいずれかではなかろうかと思われます。私はといえば、二郎本店には大学時代にずいぶんとお世話になった口。関西在住で「ああ、三田(東京)は遠い。でも二郎が食いたい」という中毒症状が出る二郎愛好者です。そんな中毒症状が出たときに向かうお店となっています。

そもそも二郎とは?

ラーメンを深くは知らない人。あるいは関西に住まれる多くの方は「ラーメン二郎ってなんやねん?」という感じではないでしょうか。お店の紹介をする前に、若干「二郎とは何か」をご説明しましょう。

ラーメン二郎は、東京都の三田に本店を構えるラーメン店です。この本店で修行をしたお弟子さんたちが、屋号である「二郎」を引き継ぎ、東京あるいは埼玉など関東近辺で「らーめん二郎○○店」として営業をしています。そのため、屋号が略称となり「二郎」と呼ばれるのが一般的になっています。

このお店、麺は強力粉「オーション」を用いた極太のちぢれ麺。加えて、濃厚な脂たっぷりのとんこつベース醤油スープ。さらに殺人的な量のチャーシュー(いや、正確には煮豚)、煮たもやしやキャベツをてんこ盛りに盛ることが通常となっています(もっとも、野菜の量はオーダー時に調節は可能です)。加えて、正統派の二郎店舗では、ラーメン以外のメニューを一切おかず、劇的にパンチがあるラーメンなのにライスなどは注文できません。ラーメンとの一騎打ちしかできないというコロシアム、じゃなかったお店です。

こうした特徴があるため、「もはやラーメンではなく、二郎という食べ物」とすら称する人もいるほどです。

 

関西には二郎「系」しかない

 

ただ、残念なことに正統派の二郎は関西圏にはありません。しかし、最近、二郎にインスパイアされて、二郎風のラーメンを提供する店舗が関西圏でも複数見受けられます。これが「二郎インスパイア系」です。「ドカ盛マッチョ」も、この二郎インスパイア系に分類されるお店となります。

日本橋を中心に、二郎インスパイア系を挙げれば、たとえば寺田町にある「ラーメン荘 歴史を刻め」などが代表格といえます。

 

二郎を求めて長蛇の列に参戦する

 

くだんの「ドカ盛りマッチョ」は日本橋の細い路地裏に店を構えています。堺筋の日本橋3丁目交差点から若干なんば寄りに進むと、道沿いにドトールコーヒーが目に入ってきます。このドトールが面した角から北に進む路地があるので、その道を数分進むと右手に店舗が見えてきます。

店先には「らーめん」とかかれたのぼりが2本ほど立っているため、見逃すことはないはずです。

平日の午後8時。店の扉をガチャリと開けると、うなぎの寝床のような店内は人でごった返しており、行列が5人ほどできていました。「むむう、二郎系なのによく並んでいるなあ」と本店の味を知る人間からすれば、「インスパイア系」なのにそれでも並ぶことに、「うれしさ」と「もどかしさ」が入り混じった感情がこみ上げてきます。

列の最後尾につけて、製麺スペースを眺めていると、その壁には強力粉「オーション」の袋が貼り付けられていました。「ちゃんと二郎と同じ小麦粉だよ」とアピールしているのでしょうか。「ふん、本店の味にどこまで迫れるかが問題なんだよ!」と若干スネた気持ちになります。もはや私は本店二郎の恋人気取り。ちょっとやそっとの「なんちゃって二郎」では満足しないぞ、と対戦モードです。

頼み方にご注意を

 

30分ほど並んだでしょうか。私の順番がきます。まず券売機で、食券を購入。豚の量や、麺の量をここで選択することになります。ちなみに、インスパイア系では通常のラーメンの他に、まぜそばなども提供する店舗があり、「ドカ盛マッチョ」でもこうしたメニューが並んでいました。

私は、「二郎は純正ラーメンのみ」と考えているため、ラーメンを選択。ただし、豚にまみれたかったため、豚はトリプル(3倍量)を選択しました。

席につくと、店員さんがオーダーを聞きにやってきます。「麺の量はいかがいたしましょうか?」と聞かれます。

「中で。ヤサイは普通。にんにく、アブラ増し、カラメで」と間髪いれずに応じます。「はい」と一言だけ返されて、ササッと食券にメモをする店員さん。

二郎、そして二郎インスパイア系では、味やトッピングの量を調整できます。

多くの場合、麺は「小、中、大」から選択します。麺の量は食券の販売機の時点でチョイスする場合も多いですが、「ドカ盛マッチョ」では席についたときに選択する仕組みです。

続いて、「ヤサイ」と「にんにく」の量です。普通、マシ、マシマシの順番で量が多くなります。マシマシにすると、もはやチョモランマか?と思う頂がどんぶりの中央にそびえ立つことになります。

脂も同様に普通、マシ、マシマシの順番で多くなります。帰り際、テッカテカの顔になりたければ、間違いなくマシマシをチョイスすることになります。

ただ、にんにくの量には若干注意が必要です。生のみじん切りニンニクがマシマシの場合、「これでもか」という量が投入されます。明日誰にも会わず、家でひっそりと過ごす時以外であれば、普通(でもかなり臭う)かナシをおすすめしたいところです。

味は、「普通、カラメ、カラカラメ」という三段階。文字通り醤油が濃くなるので、ハードな味が好きなら量を増やすという選択になります。

 

味はちょっと「やさしい」二郎と考えるべし

 

ほどなくしてラーメンが到着。パッと見ると表面が豚とヤサイで覆われていて、麺がまったく見えません。「おお、見た目は二郎じゃないですか」とうれしくなります。

豚をダブル、もしくはトリプルにすると麺が見えなくなるのは通常仕様です。麺を食べるときはいったん豚肉をどかすか、2、3枚(いやブロック)食べてしまってから麺をほじくり出すのが一般的な食べ方になります。

というわけで、まずは豚をかたづけます。がぶりと噛み付くと、分厚くかつ脂身のしっかりした肉です。「おおおおお、二郎や。日本橋で二郎の豚がおる」と感動すらおぼえます。しかし、ここで満足してはいけません。麺とスープが残っています。

肉をどかして、麺をほじくり返し、もちあげると、ピチピチと脂がはねます。意を決してズゾッとすすります。二郎系は、極太のちぢれ麺。すするときは、ズルズルではなく、ズゾッとなります。噛み切るのに一定の力を要する弾力。主張のあるスープ。「うむ。二郎への敬意すら感じられるではないか」と頭の中で「合格」あるいは「大変よくできました」の判子を押します。

こうなったらあとは一気呵成に平らげるのみ。豚、麺、ヤサイをルーティーンでやっつけていきます。きれいさっぱり平らげると口の周りは脂でギトギト。これぞ二郎系の終幕となりました。

もっとも、らーめん二郎本店との比較で言えば、若干スープがマイルドで甘みが強い仕上がりであること。そして脂分が控えめであることが違いとして挙げられます。簡単にいえば、「やさしい二郎」です。本店が北斗の券の「ラオウ」ならば「ドカ盛マッチョ」は「トキ」という印象です。

しかしながら、東京まで食べに行くことを考えれば、満足な内容。中毒症状が訪れたときには再訪間違いなしのお店です。

 

(店舗情報)

自家製太麺 ドカ盛マッチョ 難波千日前店

住所:大阪市中央区日本橋2丁目7-22

電話:不明

営業時間:11時30分~15時 18時~22時30分

※ただし、麺が売り切れ次第終了

定休日:火曜日

ホームページ: http://blog.livedoor.jp/macho1000/