18 ENTRY

今回お届けするお店の情報は、お蕎麦屋さんです。「おいおい蕎麦屋かよ。別に日本橋の蕎麦屋なんてニュースバリューがあるのか?」という声が聞こえてきそうではありますが、真っ向から反論したいと思います。このお蕎麦屋さんは「面白い」と。

少し脇道にそれますが、日本橋界隈で蕎麦屋さんは少ないと言えます。あっても、いわゆる昔ながらの蕎麦屋さん。例えば丼ものがあったり、うどんも提供していたりというお店です。若干変化球として挙げられるとすれば、つけ鴨うどんの「鴨錦」さんでしょうか(こちらのお店は、とてもおいしいので、また別の機会に触れたいと思います)。

そんななか、蕎麦一本、しかも変化球の蕎麦で勝負しているのが、「蕎麦とラー油で辛なった。」です。名前も相当の変化球です。味も詳細は後ほどまとめたいと思いますが、変化球です。例えて言うならば、蕎麦界のおばけフォーク(byソフトバンク千賀投手)です。もう反則ギリギリ。でもしっかり空振り三振を取る仕事をしてくれます。

日本橋からちょっと松屋町筋沿いへ

 

まずはお店への行き方を。堺筋の日本橋4丁目交差点。そこから松屋町筋方面へと進みます。右手にジョーシン日本橋1ばん館が見えたら、その向かい側に店舗があります。

見上げると、白い大きな看板に◯の文字。その中には堂々と「幸(こう)」という文字が。食べると幸せになれるということでしょうか。お店に入る側としても、なんだかワクワクしてきます。

白い壁。そこに大きな窓がはめ込まれた木製の黒い引き戸。窓の奥には磨き込まれた分厚い木のカウンター。いそいそと働く店員さん。清潔感にあふれていて好感が持てるお店の雰囲気があります。

すっと扉をあけると気持ちのよい「いらっしゃいませ」のことばがやってきます。席につこうとすると、これまた気持ちよく「はじめてですか?」と声を掛けられます。そうだと応じると、メニューについて懇切丁寧に説明をしてくれます。こちらのお店、つけ蕎麦がメインで、お蕎麦は冷たいものか温かいものが選べること。蕎麦のしっかりした歯ごたえを味わいたいなら冷たいものがオススメだということです。ならばと、肉そば(冷)並(税込み750円)と、麦飯(税込み150円)を注文しました。

入店からオーダー決定まで実にスムーズ。語り口調もやわらかで、こちらの気分をよくしてくれます。

 

優しい店員さんから繰り出された超絶変化球つけ蕎麦

 

ちょっと鼻歌でも歌いたい気分で待っていると、肉そばが麦飯とともにお盆に載って到着です。蕎麦とつけ汁が別の器に盛られています。つけ麺とは異なり、肉はあらかじめ蕎麦側に盛られています。しかもけっこうな量。さらにその上にてんこ盛りの海苔が載っています。一方、つけ汁はというと、シンプルな醤油っぽい色合いです。やや油が浮いていますが、透き通って美しさすら感じさせる面構えです。

料理に見惚れていると、食べ方の説明がありました。まず、つけ汁が辛めであること。そのため、カウンターにある卵をつけ汁に落として食べても楽しいこと(ちなみに卵は無料)。その際、黄身だけ使うと濃厚ですとのアナウンスが。加えて、私が麦飯を頼んでいたため、卵かけご飯もできるとの内容も伝えられました。なるほど、カウンターには卵かけご飯用のつゆまで備え付けられています。うーむ、手取り足取り、至れり尽くせりではないですか。

では、と思いまずは蕎麦を何も付けずにひとすすり。すると、まず驚いたのがかなりの太麺であること。ギュッギュと噛みごたえがあります。単純な蕎麦としては太すぎるのではないかと思えるほどです。ただ、味はしっかりと蕎麦です。香りも十分。そこらへんの立ち食いそばとはわけが違います。

気をよくして、肉と海苔、そして蕎麦をごっそりつまみ上げて、つけ汁へとダイブ。それをズゾッとすすり上げます。するとどうでしょう。先程、太すぎるのではと感じた蕎麦がいい塩梅の太さだと気付かされます。やや辛味はつよいけれども、あま辛のつけ汁。しっかり脂身のコクがある肉。弾力に富む蕎麦が渾然一体となって舌の上で混ざり合います。「うまっ」と思うと同時に、蕎麦たちが胃へと落ちていきます。まるで強烈なフォークボールがキャッチャーのミットへと吸い込まれるように。手も足も出ません。

次に卵の黄身だけをつけ汁に落として、おなじように食べてみます。すると、辛味が抑えられますが、そのかわりに卵がつなぎ役となって、蕎麦、つけ汁、肉がからみあい、一体感が劇的に向上するではありませんか。さっきよりもフォークの落差が大きくなりました。三振必至です。

 

麦飯もあなどりがたし

サイドメニューの麦飯もこれまた卵を落とし、備え付けのタレを掛けて食べると、もはや主役級の仕事をしてくれます。卵の濃厚さと麦飯のサラッとして硬めの食感がマッチするのは新たな発見です。

気持ちのよい店員さんの応対にはじまり、考えられた食材の組み合わせによって生まれた変化球系の蕎麦に唸らされました。並でも太麺のためしっかりお腹一杯になるのでご安心を。このお店、間違いなく1〜2週間に一度は食べたくなるやみつき系のお店です。

 

蕎麦とラー油で辛なった。

住所:大阪市浪速区日本橋東4-6-10

営業時間:11時~材料がなくなるまで

定休日:不定休

電話:06−6645−4445