18 ENTRY

新鮮なたまごを表現するために、広告での「あるある手法」では、黄身につま楊枝を突き立てるというものがあります。この前訪れた某コンビニエンスストアでは、「黄身に14本のつま楊枝がささります!」とポップが設けられていました。さすがにそこまですると、食べ物を粗末にしているのではないかと思ったりもしますが。

いずれにせよ、固形ではないもののしっかりした食感を表現するのには、なにか重たいものを立てるという方法は有効です。

今回おとずれたお店は、「スープにれんげが立つ!」とうたっています。つまり、それだけどろっどろのスープということです。

どろ系スープは、有名どころで言うと「天下一品」や大阪・福島にある「らーめん 小僧」などが代表的な存在になるのではないかと思われます。

しかし、これらのお店でもれんげが立つまではいきません。本当に立つのか?味はどうか?それらの検証をすべく訪問しました。

場所はほぼ恵美須町。堺筋を突っ切り、通天閣近くまで

お店の名前は「どろそば将 えびす町店」です。

場所は、日本橋というよりも恵美須町です。通天閣を眺めつつ訪問できるので、ちょっとした観光気分を味わえます。

まず、堺筋沿いを延々と南下し、恵美須町の交差点まで行きます。交差点には、浪速区警察署や阪堺電車の恵美須町駅。そして通天閣が見えるので、間違えることはないでしょう。この交差点に来たら、南側に渡っておきます。そして西に。南海本線の今宮戎駅を目指すようにワンブロックほどすすめば、お店が見えてきます。「麺」と白バックのネオンサインがあるので間違えることはないはずです。

 

近隣の人気店と比較すればスムーズに入れるかと

こちらのお店のご近所には行列のできるラーメン店として知られる「無鉄砲」さんがあります(こちらも面白いお店ですが、またいずれレポートいたします)。そちらと比較すればスムーズにお店に入れます。

店内に入ると、中はとても清潔感のある印象です。どろっどろラーメンを作っているから床がニチャニチャ、ということがないのは好感が持てます。

入口を背にして左手には券売機が設置されており、正面にはL字型のカウンターがあります。そこに、ハイチェアタイプの客席がゆとりをもって並んでいます。席の間がしっかり確保されているため、せせこましくならず、ラーメンと向き合えるところもうれしい限りです。

ちらりと店の奥に目をやると、製麺室があるようです。なんと自家製麺。これは期待が高まります。

 

スープの濃度は4段階。まよわず最強のレベル4をチョイス

 

券売機のメニュー表示をみると、どろそばのスープは濃さが4段階あるようです。上から順に、「極どろそば(1000円)」「どろどろそば(880円)」「どろそば(780円)」「軽どろそば(780円)」となっています。スープの濃さでお値段が異なるのは材料として投入されるものの量がそもそも異なることに由来すると思われます。そのほかに、つけ麺なども用意されています。

迷わず「極どろそば」をチョイス。店員さんに食券を渡して提供を待つことにしました。

 

れんげは、立った!が倒れた。でもクリーミー濃厚スープはうまし

 

時間にして10分ほどでしょうか。ラーメンが到着です。どろっどろのギトギトで丼の縁まで脂が飛び散っているのを想像していましたが、意外や意外。なんとも「イケメン」な見た目です。

同じデザインで統一された受け皿と丼。そこにはベージュ系のクリーミーなスープ。ローストビーフを思わせる桃色の大ぶりチャーシュー。おそらく一旦何某かのタレに浸され、味付けされた後にトッピングしたと思われるネギ。すべてが考え抜かれた配置です。考えが行き届いた建築物を見ているような合理性。良い意味で裏切られます。

「むむ。見た目はよいな。でも、問題は味だぞ」と、れんげを突き立てます。「立った!」とはならず、ゆっくりと倒れます。しかし、そのスピードの鈍さから、濃厚さがうかがい知れます。

麺を持ち上げるときに、スープが絡むではなく、まとわりついてくる。まるで粘度のなかからスープを取り出すように。「これは、すごい。。。」。すする音も「ズルっ」ではなく、「ズゾッ。スボッ」です。

うわあ、濃厚やなあ。ん?でもすっきりしとる!」と濃厚なのに後味すっきりなのが不思議です。いや、これは中々やります。というのも、こちらのお店「鶏ダシ」で濃厚さを追求しているのです。とんこつにありがちなケモノくささがなく、クリーミーだけれども、後味がくどくない。実に合理的です。

なにより、特筆すべきはチャーシューです。これだけでお持ち帰りのメニューとなっていたら確実にブロックで買って帰りたいほどのできの良さ。チャーシューを増量しなかったことを心から悔やみました。

ネタとして訪れたものの、意外にも真面目に考え抜かれたラーメンに脱帽です。

昨今流行りのインスタ映えにも応えるお店です。一度おとずれることをおすすめいたします。

 

店舗情報

 

どろそば将 えびす町店

住所:大阪市浪速区恵美須西2-8-18 サンピアユタカ 1F

電話:06-6632-7633

営業時間:昼11時〜15時 夜17時〜24時

定休日:不定休