18 ENTRY

日本橋の麺事情。がぜん面白くなってきました!というのも、新旧交代とばかりに新規店舗ができています。反対に撤退を余儀なくされた店舗もあります。これだから日本橋のラーメン屋さんは面白い。群雄割拠の時代。気を抜けばすぐさま撤退を余儀なくされる戦場なのです。

さて、今回そのなかで取り上げるのは、「マゼニボジャンキー」です。

もう名前からしてぶっ飛んでます。ジャンキーですからね。はい。

こちらのお店、ラーメンでもなく、つけ麺でもなく、「まぜそば」一本で勝負する店舗です。

 

寺田町の人気ラーメン店「ふく流 轍」の系列店

 

このマゼニボジャンキー、寺田町で人気を集める「ふく流 轍」というお店の系列店になります。この轍(わだち)さんは、寺田町のみならず大阪でかなり注目を集めるお店です。なんとラーメンのスープをメレンゲ状に泡立てる「スプマンテ」ラーメンを投入。見た目の面白さ。スープのクリーミーさが受けて、一気に行列店になりました。無論、スープ自体おいしく、スプマンテの「驚き」がある時点で注目度が高いのですが、これに加えてチャーシューが非常においしいというのもポイントです。まるでローストビーフを思わせるジューシーさが特徴なのですが、チャーシュー単体で持ち帰りができるというほど売りになっているのです。

寺田町店でラーメンと双璧をなす人気になっているのが、まぜそばです。実際店舗を訪れると、ラーメンをオーダーする人とまぜそばをオーダーする人が半々という印象です。このまぜそばだけを切り取って日本橋で勝負しようというのが、「マゼニボジャンキー」なのです。

 

オタロードに面した立ち食いオンリーのお店

 

さて、そんなマゼニボジャンキーですが、オタロード沿いにお店を構えます。なんばCITYからなんさん通りを東に進み、オタロードの北側入口まで行きます。そして、オタロードの東サイド(進行方向に対して左側)を眺めながら進むとすぐに見えてきます。黄色の看板と、寒さよけのビニールカーテンを敷いたお店が。看板には、まるでウルトラマンのロゴを思わせるようなデザインで「マゼニボジャンキー」と漆黒の文字が描かれています。

オープンしてからまだ日が浅いというのに、店内には3人のお客さんが。しかも、どのお客さんもどうやらラーメン通とおぼしき雰囲気。「知っている人は知っているのだなあ、情報が早い」と妙に感心してしまいます。

 

食券で購入するスタイル。まぜそば一本で勝負しています

 

お店は、まず券売機で食券を購入し、それをカウンター越しに店員さんに渡してオーダーを通すという仕組みです。メニューのタイプは3種類。「マゼニボ(税込800円)」と「マゼニボSP(税込1000円)」と「マゼニボ肉なし(税込600円)」の3品です。それ以外にはチーズやツナコーンなど、まぜそばのトッピングメニューが並んでいます。サイドメニューこそあるものの、まぜそば一本で勝負をしているのが気持ちいいところです。

こちらのお店、寺田町と同じくチャーシューがポイントになるので、肉なしは頼まないほうがよいでしょう。むしろ、肉の量が多いマゼニボSPこそがベストチョイスと言えます。無論、そちらを注文しました。

 

店員さんが気さくに応対。接客の気持ちよさもうれしいところ

食券を店員さんに手渡し、完成を待っていると、ふいに話しかけられました。「まだオープン間もなくて、サイドメニューとか揃っていなくて申し訳ないです」と。実は、プレオープン的期間だったようで、「まるちょう(ホルモン)」などのオプションメニューが提供できない状態でした。それを詫びられたのです。「いえいえ、寺田町によくいかせてもらってるので。いっつもトッピング無しで、まぜそばを食べてますから大丈夫ですよ」と言うと「わあ、ありがとうございます。わざわざこちらにも来ていただいて」と満面の笑みで応じてくれます。そして、ノベルティのステッカーをいただきました。なんだかちょっとうれしい「オマケ」です。応対がじつに爽やかでこちらの気持ちが和みます。

 

パンチのきいた見た目。バランスの整った味。突き抜けるチャーシューのうまさ

ほどなくしてまぜそばが到着。なかなかパンチのきいた見た目です。うどん?と思うような太麺に、ゴロゴロチャーシューがたっぷり。さらにローストビーフのようなチャーシューが別口で載っています。そこに豪快に刻まれた、長ネギと玉ねぎ。そして大量の魚粉。まぜそばと言いつつ、具材の豪快さでかき混ぜるのは至難の業ですが、指に力を込めて混ぜ合わせます。そして見た目に負けないように、一気にずずず〜っとすすります。

するとどうでしょう。豪快な見た目からは想像できないような、バランスの良さ。太い見た目の麺は意外にもツルツルと喉越しがよく、歯切れも申し分なし。チャーシューもブロックは大きいですが、前歯で容易に噛み切れる柔らかさ。これにネギのシャキシャキが合わさり、なんとも楽しい食感です。そして、味をまとめるのがダシです。おそらく脂肪分が乳化したあまみが塩梅よく、クリーミーさも手伝って、しっかりと具材に絡み合います。ちょっと非の打ち所がありません。「こりゃ日本橋で魚粉つかったクリーミータイプのまぜそばならここで決まりじゃないか?」と言うのが素直な感想です。

加えてうれしいところが、麺を食べ終わった後のごはんが無料ということ。ぜひ、チャーシューを数個残しておき、ごはんを投入した上で、とんがりコーン(無料トッピング)を加えてかき込んでください。麺とはまったく異なるうまさに出会いえます。

(店舗情報)

マゼニボジャンキー

住所:大阪市浪速区日本橋3-8-20

電話:06-6556-9889

営業時間:11時〜16時、18時〜21時

定休日:不定休