9 ENTRY

少し私の趣味についてお話しましょう。どうでもよいとは言わず、聞いていただければ幸いです。

私、アラフォーで子どももいるのですが、それでもおしゃれが大好きです。最近は子どもを連れて公園や動物園に行くなどのシーンが増えて、キレイめからカジュアル路線へと舵を切っております。そんな大人というか、オヤジでもピッタリくるのがアウトドアブランドの服だったりします。

例えば、本当に山にだって出かけていけるようなダウンジャケットやマウンテンパーカ。これに細身のデニムやチノパンを合わせ、オーセンティックなスニーカーやブーツを履けば割りとまとまるものです。

そう、実はアウトドアブランドの服って、おしゃれに街着としても活用できるのです。

実際、色々な雑誌で、アウトドアブランドのアウターを特集していたりします。

こういったものを扱うお店が日本橋にあれば、行かないわけにはいきません。そんなわけで、今回はおしゃれアイテムのお店です。

ボルタリングジムに併設された店舗。ここにノースフェイスが隠れています

今回訪れるのは、「グラビティリサーチ」というお店です。実はこのお店、本丸はボルタリングジムです。そこにアウトドアブランドの中でも人気の高い「THE NORTHFACE(以下ではノースフェイスと書きます)」を中心に揃える店舗が併設されています。

ノースフェイスは日本のアウトドアブランドとして、海外でも人気があります。例えば、ストリートブランドのスプリームとコラボレーションしたり、街着としても十分に活用できるデザイン性も売りのひとつです。中には、販売されるやいなや結構なお店で完売するようなモデルも有るほどなのです。

 

グラビティリサーチはこんなお店です

実は、グラビティリサーチボルタリングジムを複数展開するお店。休日ともなれば、壁にいくつもの足がかりや、手がかりが設置されたところに挑んでいく人たちで賑わっています。ちょっと興味が有るところですが、今回の主題はボルタリングではなく、お洋服です。こちらについても少し。こちらのお店、よく見ると「プロデュース バイ 好日山荘」とあります。そうです。アウトドアグッズを専門に集めるショップが後押ししている店舗なのです。そこが、場所柄やお店のテイストにあわせて、ノースフェイスを軸にしたショップをオープンしているのです。

 

お店はEKIKANにあります。裏原宿にでもありそうな、イカス見た目の店舗

さて、お店の場所はと言えば、複合商業施設のEKIKANの中にあります。EKIKANへの行き方は至極簡単で、なんばCITYから南海電車の高架沿いに店舗が並んでいます。そのため、日本橋側の道を高架沿いに歩いていけば見つかります。

ボルタリングジムが併設されているため、ガラス越しに岩壁が見えればお店発見です。

 

ツボをおさえた商品ラインナップ。他では品薄な人気モデルも発見!

お店はやや小さめな独立系セレクトショップという印象です。ボルダリングジムに併設されているため、店内の奥にはロッカールームへ続く廊下が見えたりしておもしろさがあります。

さて、早速店内を物色してみましょう。するとすぐに発見がありました!なんと他のアウトドアショップやセレクトショップではすでに品薄で完売する店舗が増えているノースフェイスの「マウンテンダウンジャケット」があるではありませんか。これは、定番のマウンテンパーカにダウンを内蔵した2017年から展開しはじめたモデルです。表地はゴアテックス素材を使い、雨もしのげる実用性があるところも人気の秘密です。しかも人気色のネイビーとブラックがサイズもしっかり揃っている。恐るべしです。

さらには、モデルであり俳優でもある東出昌大さんが愛用していることでも知られるダウンジャケット、「バルトロライトジャケット」も人気色のブラックがありました。その他には、アウターで言えば、ノースフェイスのなかでも最強の暖かさを誇ることで知られる「アンタークティカパーカ」(まじめに南極でも行けそうな重厚さ)などもあり、充実のラインナップです。下手なセレクトショップよりもアウターのしかも人気色が残っている印象。やはり日本橋という土地柄、服を買いにくる人が少なく、穴場的に人気モデルが残っているものと推察されます。

 

小物類、ヘリーハンセンのフリースなどもあります

訪れた時期が冬場だったため、アウター類に目がいってしまいましたが、インナーやパンツ類、さらにはバックパックなども豊富に揃えています。

ちょっと見ておきたいところで言えば、「ヘリーハンセン」というブランドのものも揃えています。ヘリーハンセンもノースフェイスも母体は、ゴールドウィンという会社が製造するブランド。アウトドアのジャンルでは同社の二大タイトルなのです。したがってこちらのお店でも扱っているのでしょう。

ヘリーハンセンは、ノースフェイスよりも手の出しやすい価格設定で、カジュアルに着られるものを揃えるブランドです。特にフリース類がデザイン性に秀でる印象なのですが、しっかり様々なタイプが陳列されていました。

訪れた日は手ぶらで帰れるはずはなく、ノースフェイスのフリース製グローブをゲット。満足の収穫です。ノースフェイス好きの方なら、買い逃したモデルが見つかるかもしれません。ぜひ、おすすめです。

 

店舗情報

 

グラビティリサーチ NAMBA-B

住所:大阪市浪速区難波中2-11-1EKIKAN

電話:06-6626-9587

営業時間:平日 12時〜23時 土日祝11時〜21時

定休日:なし