9 ENTRY
  •  
  •   
  • 本格派アルミ調理器具がそろう「ナカオファクトリーワークス&コーヒースタンド」

日本橋というと、サブカルチャーの聖地という印象があります。しかし、その一方で日本橋には問屋街という歴史もあるのです。

特に、電気系の問屋、家具関連の問屋、そして何より忘れてはいけないのが調理器具関連の問屋街でもあるのです。そう、日本橋は目と鼻の先に「道具屋筋」があります。もちろん、刃物やお皿などの食器類にはじまり、鍋やカマなどを扱うお店などなど。調理器具でちょっとしたものを買おうと思ったら迷わず目指したい場所です。

今回はその中でも、「アルミ製の鍋やフライパンを扱うお店」にしぼってご紹介したいと思います。取り上げるのは「ナカオファクトリーワークス&コーヒースタンド」です。

ナカオのアルミ調理器具っていったい?

そもそも、中尾アルミをご存知でしょうか?実は、アルミ製の鍋、フライパンといえばナカオ、というくらいプロも愛用する調理器具です。

正式な社名は「株式会社中尾アルミ製作所」、昭和30年代に創業しアルミ調理器具一筋。なんと東京の調理器具問屋の聖地、合羽橋には「お鍋の博物館」を構えるほどの老舗です。

特に、フライパンやポットなど、使い勝手と熱の伝わり方に優れるアルミ製品を手掛けています。

 

お店の場所はどちらに?

 

さて、「ナカオファクトリーワークス&コーヒースタンド」の場所ですが、道具屋筋の中にお店があります。どちらかといえばなんば寄りの場所。行き方はすごく簡単です。まず、なんばCITYから「なんさん通り」を東に進み、道具屋筋の南側入り口を目指します。あとは、左手を見ながら北上すれば、ものの数分で到着です。

店先に食器や調理器具類がならぶ他の店舗とは一線を画し、しゃれたインテリアショップのような外観をしているため目立つはずです。

 

お店ではオリジナルのコーヒーも販売されています

お店に入ると何やら違和感がします。どこか、普通の調理器具店と違う点が。。。そう、その原因は、入るとすぐ左手にコーヒーを販売するカウンターが設けられていることです。実は、店名にも「コーヒースタンド」とあるように、こちらのお店ではコーヒー豆の販売はもちろん、その場でコーヒーを飲むこともできるのです。コーヒーを飲みながら、ゆったり調理器具を見るなんて、なかなか洒落ているではありませんか。ちなみに、ホットコーヒーは250円、カフェオレでも300円と良心的なお値段であることもうれしいポイントです。

もちろん、インスタントではなく、丁寧に湯をわかし一杯ずつ丁寧に淹れられたもの。コクが豊かで値段以上の価値ある一杯でした。ただ、椅子は店内にワンセットしか置かれていません。こちらのお店で休憩、という雰囲気にはならないことは注意点ではないかと思います。

 

整然と並んだアルミ調理器具たち

さて、本題はアルミ製の調理器具です。店内を見渡すと、手前から奥に向かって数列の重厚な棚がしつらえられており、そこにジャンルごとに分けてアルミ製調理器具が並んでいます。

調理器具に目をやると、思わず「美しい」という言葉が漏れてしまいます。見たのはアルミ製のフライパン。打ち出しといって、そこの部分はハンマーで叩いて平にかたどられています。そして、ヘリの部分に向かうにしたがって自然な傾斜がついています。料理はそこまで得意ではありませんが、オムレツを返すときにもつるりとすべりそうななだらかな曲線です。

アルミ製の調理器具は重いのではないか、と思っていましたが誤解でした。重厚なつくりのわりに、思った以上に軽い。フライパンを火の上で振ってもつかれにくいのではないかと想像できます。商品を眺めていると、初老の店員さんが丁寧に解説してくれました。「アルミ製の調理器具は、熱の伝わり方がフロンのものと違ってはるかにいいですよ。火の力をそのまま料理にいかすことができます。ちゃんとしたアルミなら焦げ付きだってできにくい。なにより長持ちします」とのこと。「ちゃんとしたアルミなら」という言葉に、取り扱う商品に対する自信があふれています。

ただ、注意点もあります。それは、取っ手までアルミでできているため、その部分も熱くなるということです。そのため、ふきんなどを使って鍋やフライパンを扱うことになるわけです。ちなみに、ふきんのかわりになる取っ手カバーの取り扱いもあるそうです。

お値段も思ったほど高くはありません。20センチ程度のフライパンであれば4000円前後(サイズによって値段が変わります)。しかも、メンバーシップ制度があり、メンバーは一律で20%オフになるみたいなので、かなりお得です。

また、よく見ると、特定の商品は40%オフになっていたりします。お買い得商品を探しにちょいちょい顔を出してみるのも悪くないのではないかと思いました。

 

店内の奥には洋食器も取り揃えています

店内の奥には6畳ほどの中2階スペースがあり、そちらにはコーヒーカップとソーサーを中心にした食器類も扱っています。有名どころのブランド食器もあります。コーヒー豆といっしょにカップ&ソーサーをそろえることも可能です。

コーヒーブレイクのついでに、プロの調理器具を眺めにいくのも悪くない散策のひとつです。

 

店舗情報

 

ナカオファクトリーワークス&コーヒースタンド

住所:大阪市中央区難波千日前14-5

電話:06-6636-2212

営業時間:10時~19時

定休日:無休